2011年から個人事業主、2014年から法人でウェブサイトを運営しています。

2017年からアフィリエイトサイトを数百万円〜数億円で売却する知人が増えてきたので、ちょうど売上が伸びていたサイトを売り出してみました。

売買サイトの審査基準では売り出せないジャンル&高値が付きにくい構成のサイトが相場以上の265万円(手数料込み)で売れました。

サイトストックの支払い通知書(代金の支払い通知書)

体験談はこちらの記事にまとめました。

サイト売却
サイトを高く売る方法と失敗しないテクニック

売買サイト「サイトストック」を使って、相場より高値の265万円(手数料込み)でサイトを売りました。 売ったサイトの特徴 ブラックハットでSEOしたペラのアフィリエイトサイト 広告のジャンルは出会い系( ...

続きを見る

今回は「サイトストック」という売買サイトを使いましたが、サービスによって特徴が異なるので使い分けることで売れる可能性が上がると思いました。

サイト売買z
売買サイトを使うメリットと比較・選び方

サイト売買には交渉の場を提供したり間に入ってくれる仲介サービス(会社)が存在します。 また一般的に仲介会社は、以下のサービスを無料で提供しています。 売買サイトの無料サービス サイト査定(サイトの売却 ...

続きを見る

今回の売却経験から、サイト売買にこんなメリットを感じました。

サイト売買でできること

  • 眠っているサイトがお金に生まれ変わる
  • 売上0のサイトも10万円になる可能性がある
  • SEOやリスティングのストレスから解放される
  • イチからサイトを作る手間が省ける
  • 他の事業に集中できる(新規事業の頭金にも)
  • 売上がある&顧客獲得ができるサイトが今すぐ手に入る

私自身も引き続きどんどんサイトを売って、欲しいサイトも買っていきます。

当サイトの内容がこれから売買する方の参考になればうれしいです。

© 2020 サイト売買の手引き【サイバイ】