サイト売買のカンタンなデータ移行方法-ワードプレスとシリウス-

サイト売買のデータ移行

サイト売買はサイトを譲渡するので、ドメイン移管とデータ移行を行います。

今回はウェブサイト作成ツールとして幅広く利用されている「ワードプレス」と「シリウス」のデータ移行方法をシェアします。

ワードプレスはプラグインを使ってデータをエクスポートできる

「All-in-One WP Migration」というプラグインを使って、簡単にデータを買い手に渡せます。

All-in-One WP Migration

  • 有効インストール数100万以上
  • 最新バージョンと互換性あり
  • 日々更新(アップデート)されている
  • つまりみんなが使っている安全な人気プラグイン

インストールして有効化したら、以下の手順で進めます。

step
1
サイトデータをエクスポートする

All-in-One WP Migrationのエクスポート

ワードプレスのプラグインメニューから「All-in-One WP Migration」を選んで「エクスポート」をクリックします。

step
2
データのエクスポートする、しないを選ぶ

All-in-One WP Migrationでエクスポートするデータを選ぶ

「高度なオプション」でエクスポートしないデータを選べますが、サイト売買ではすべてのデータを譲渡しますので、特にチェックを入れる必要はありません。

もし詳しい方で希望があれば、エクスポートしないデータをチェックします。

step
3
エクスポート先は「ファイル」を選ぶ

All-in-One WP Migrationのファイル

「ファイル」をクリックするとエクスポートが始まります。

step
4
ダウンロードしてエクスポート完了

All-in-One WP Migrationのダウンロード完了

「DOWNLOAD」のボタンをクリックするとダウンロードが開始され、ダウンロードが完了すればエクスポート完了です。

ファイル名は「ドメイン名-日付-ファイル番号wpress」です。

step
5
買い手にインポートしてもらい移管完了

買い手も同じプラグインをインストールして、売り手からもらったエクスポートデータを「インポート」すれば移行完了です。

シリウスは買い手が持っているかいないかで2パターン

サイト作成ツールのシリウス

SIRIUS(シリウス)は買い手が持っているかどうかで、データの渡し方が変わります。

  1. 持っている→バックアップファイル
  2. 持っていない→サーバーのファイルデータ

シリウスはこんなツール

  • 50,000人以上が愛用しているサイト作成ツールの大定番
  • ほぼ毎月アップデートされて、常に最新機能が追加されている
  • 相場以上の価格で売れたサイトも、シリウスで作りました
  • 公式ページ:シリウス

シリウスを持っていればバックアップファイルを渡すだけ

シリウスにはバックアップ機能があるので、相手も持っている場合はカンタンにサイトデータを移行できます。

step
1
バックアップファイルを作成する

シリウスのバックアップファイル

サイト管理画面の「バックアップ」をクリックして、バックアップファイルを作成します。

保存ファイル名は「ファイル名.sab」です。

step
2
バックアップファイルを買い手へ送る

保存されたバックアップファイルを、メールやチャットで買い手に渡します。

step
3
バックアップファイルからサイトを新規作成してもらう

シリウスでバックアップファイルから新規作成

買い手はファイルの「バックアップファイルから新規作成」をクリックして、売り手からもらったファイルを指定します。

作成されたファイルを自分のサーバーへアップロードすれば移行完了です。

シリウスを持ってなければサーバーファイルを渡す

買い手がシリウスを持っていなくても、サーバーにあるファイルをそのまま渡せば移行できます。

シリウスは静的サイト(HTML)を作成するので、テキストエディタ(TeraPadなど)があれば編集が可能だからです。

売れたペラサイトはシリウスで作成しましたが、買い手がシリウスを持っていなかったのでサーバーデータを渡しました。

今後相手がシリウスを使う予定があるか気になったので、

「今後シリウスを使う予定があれば、念のためバックアップファイルもお渡ししましょうか?」

と聞いたら、

「お気遣いありがとうございます!はい、是非頂きたいです。」

と回答が来たので、確認してよかったです。

このように両方のデータを提出する気遣いによって丁寧な印象が伝わり、穏やかに手続きを進めることができました。

まとめ

  • ワードプレスは「All-in-One WP Migration」プラグインがオススメ。
  • シリウスは相手が持っていてもいなくても対応できる。

売り手はアフィリエイターでデータ移行に慣れていても、買い手は初めてのケースがあります。

初めてのことは不安でよくわからないので、こちらがリードや気遣いを見せると相手に誠意が伝わります。

結果的にお互い気持ちよい売買ができると思いますので、事前に流れをシミュレーションしておくと安心です。

© 2020 サイト売買の手引き【サイバイ】